menu
六本木河野歯科クリニック

Oralcare唾液検査

唾液検査で分かるリスク

唾液検査

唾液検査をすることによって、「虫歯」「歯周病」にかかるリスクを判定することができます。

お口の中の健康を維持していくためには治療だけでなく、予防という観点からのアプローチも重要です。

唾液は食べかすを洗い流したり、抗菌成分により細菌増殖を抑制するなどお口の中を正常に保つための重要な役割を担っています。

検査によって自分自身の唾液の性質を知ることにより、ご自身の歯に対する意識や歯科治療へのモチベーションが高められ、虫歯予防や歯周病予防につながっていきます。

唾液検査の種類

精密審美会の歯科医院では、検査したその日に結果がわかる簡易的なものと、目に見えないリスクを詳細に見ることができる精密なものの2種類の唾液検査をご用意しております。

①簡易唾液検査(LION社 SMT)

簡単な検査で、歯と歯茎の健康や口の中の清潔度がすぐにわかります。

検査時間
約5分
検査方法
洗口用水で10秒間口の中全体を軽く洗口し、吐き出して試料の採取は完了
検査内容
歯の健康(むし歯菌、酸性度、緩衝能)、歯ぐきの健康(白血球、タンパク質)、口腔清潔度(アンモニア)を測定
検査結果
各項目のチャート表示、数値表示、3段階判定および総合コメントを記載した検査結果用紙を当日にお渡し

検査結果用紙(サンプル)

検査結果用紙1
検査結果用紙2
  • むし歯菌:測定数値が多い場合、歯の表面にプラークが付着しやすく、虫歯になりやすい
  • 酸性度:測定数値が高い場合、エナメル質などの歯質が脱灰しやすく、虫歯になりやすい
  • 緩衝能:測定数値が低い場合、酸を中和する機能が弱いため、エナメル質などの歯質が脱灰しやすく、虫歯になりやすい
  • 白血球:測定数値が多い場合、口腔内に細菌や異物が多く、歯周病のリスクが高い
  • タンパク質:測定数値が多い場合、口腔内に細菌や歯石が多く、歯周病のリスクが高い
  • アンモニア:測定数値が多い場合、口腔内に細菌が多く、口臭がしやすい

②精密唾液検査(オーラルケア社 デントカルト

測定時間(4日)がかかりますが、ライフスタイルを背景とした虫歯の原因と予防策がわかります。

検査時間
約15分
検査方法
唾液・プラークのサンプル採取およびパラフィンワックスを5分咀嚼し、メートルグラスに吐き出す
検査内容
唾液分泌量、唾液緩衝能、ミュータンス連鎖球菌、ラクトバチラス菌を測定
検査結果
細菌コロニーおよび専用ソフト「カリオグラム」による診断結果と予防策を7日後(以降)にカウンセリング

細菌コロニーとカリオグラム(サンプル)

検査結果用紙1
検査結果用紙2

唾液検査前の注意事項

下記のような行為を検査前にした場合、正しい検査結果が得られないことがあります。

  • 検査前1時間以内に飲食・喫煙・歯みがきをした場合
  • 直前に激しい運動をした場合
  • 検査前5~6時間以内に殺菌作用のある成分を含む歯磨剤・洗口剤等を使用した場合
  • 検査前1ヶ月以内に常用薬以外の何らかの薬を服用した場合
  • 唾液中に潜血が含まれている場合
  • 口唇に口紅・リップクリームなどをつけている場合

無料相談予約・お問い合わせ

date_range無料相談予約

無料カウンセリングを
ご希望の方はこちら

mail_outlineお問い合わせ

医院へのお問い合わせ・
ご質問はこちら

phone_in_talk医院直通電話

お電話でのご予約も
受付けております