menu
六本木河野歯科クリニック

Cases治療症例

上の前歯(6本)のオールセラミック 治療例(ビフォーアフター)

患者様
40代女性
治療期間
2ヶ月
概算治療費
60万円
担当医
額賀

来院動機

上の前歯の大きさ、色、歯並びを気にされて来院されました。

治療計画

上の前歯の大きさ、色、歯並びを気にされていたため、上の前歯6本をオールセラミックで治療する提案をいたしました。
まずは、仮歯にて形や歯茎との調整を行い、その後、当院グループの歯科技工所にて製作したオールセラミッククラウンを仮付状態で色や形を確認していただき、最終的に強力なセメントで接着していきます。
また、患者様は歯ぎしりが強かったため、セラミックでも審美性、耐久性の高いジルコニアを使用することとしました。
なお、当症例は、セラミック治療部分だけを説明していますが、当該患者様は矯正治療も事前に行っていただきました。

治療後について

歯の形を整える場合、その欠けた部分だけを歯科用プラスチックなどで修復することも可能でしたが、変色や再破損の恐れなども考えられたため、ジルコニアクラウンにしたことで、形や色をご希望通りに仕上げることができ、患者様にも大変喜んでいただきました。

治療前
上の前歯(6本)のオールセラミック 治療例(ビフォーアフター) 治療前上の前歯(6本)のオールセラミック 治療例(ビフォーアフター) 治療前上の前歯(6本)のオールセラミック 治療例(ビフォーアフター) 治療前
治療後
上の前歯(6本)のオールセラミック 治療例(ビフォーアフター) 治療後上の前歯(6本)のオールセラミック 治療例(ビフォーアフター) 治療後上の前歯(6本)のオールセラミック 治療例(ビフォーアフター) 治療後

オールセラミック治療(審美歯科)について

保険適用時の被せ物(クラウン)は、金属を含んだ材料や限られた材料でしか治療をすることができません。しかし自費診療となりますが、オールセラミック製の被せ物(クラウン)、詰め物(インレー)を使用することにより、歯の「色」「形」「並び」をより綺麗にすることができます。

オールセラミック治療のリスク(デメリット)

・自費診療(保険適用外)
・歯を削る
・硬度の高い素材の場合、他の天然歯を傷つけてしまうことがある

当院のオールセラミック治療の特徴

・拡大鏡を使用し、被せ物と天然歯の間の隙間を限りなく無くす精密歯科治療を行っています
・一回の治療時間を多くいただくことで通院回数や治療期間を少なくする短期集中治療を行っています
・ジルコニア、メタルボンドセラミック、ハイブリッドセラミックなど多彩な素材の被せ物をご用意しています

無料相談予約・お問い合わせ

date_range無料相談予約

無料カウンセリングを
ご希望の方はこちら

mail_outlineお問い合わせ

医院へのお問い合わせ・
ご質問はこちら

phone_in_talk医院直通電話

お電話でのご予約も
受付けております