menu
六本木河野歯科クリニック

Brushing矯正治療中の歯磨き方法

矯正用歯ブラシ

矯正治療中の歯磨きには矯正用の歯ブラシを使用していただくことをおすすめします。

矯正用歯ブラシ矯正用歯ブラシ
ワンタフトブラシワンタフトブラシ
歯間ブラシ歯間ブラシ

矯正治療中の歯磨き方法

(1)3つの方向から磨く

矯正装置は凹凸がありますので、まずは矯正用歯ブラシで3つの方向から磨いてください。大きなストロークで磨くより、小さなストロークで、歯を一本ずつ磨くイメージで左右に歯ブラシを動かして磨いて下さい。

装置に対して90度装置に対して90度
装置の上から45度装置の上から45度
装置に対して90度装置に対して90度

(2)ワンタフトブラシでワイヤーの下から磨く

矯正装置(ワイヤー)の下は、ワンタフトブラシや歯間ブラシを使用してください。抜歯した場合は、特に、抜歯した両隣の歯は、非常にプラークが付着しやすいので、しっかりとワンタフトブラシでワイヤーの下から磨いて下さい。

歯科医師は、矯正治療においても拡大鏡を装着することを基本としており、精密審美会のコンセプトである「精密歯科治療」を実践しております。

また、歯と歯の間はデンタルフロスを使用します。ワイヤーの下から一度フロスをくぐらせてから通します。

尚、矯正治療を行う患者様には、装置をつけた当日、歯ブラシの仕方を直接ご説明致します。

無料相談予約・お問い合わせ

date_range無料相談予約

無料カウンセリングを
ご希望の方はこちら

mail_outlineお問い合わせ

医院へのお問い合わせ・
ご質問はこちら

phone_in_talk医院直通電話

お電話でのご予約も
受付けております