menu
六本木河野歯科クリニック
×

Invisalignインビザライン

インビザライン(マウスピース矯正)とは

インビザライン

インビザラインとは、アライン・テクノロジー社が開発したマウスピース矯正法で、透明に近いマウスピース型の矯正装置(アライナー)を歯に装着して歯並びを矯正します。

患者様一人一人に合わせた矯正装置(アライナー)を、治療段階に合わせて、新しい矯正装置に交換しながら、少しずつ歯を動かして矯正していく治療法です。

世界中で900万人以上が治療を受けている実績のあるマウスピース矯正ブランドです。(2020年10月時点)

インビザライン(マウスピース矯正)の特徴

  • 装置が透明に近いため目立ちくい
  • 装置に金属を使用していないため、金属アレルギーの心配がない
  • 取り外しが簡単にできるので通常時と同様に食事や歯磨きができる
  • いろいろなスポーツを楽しめます(コンタクトの激しいスポーツを除く)
  • 吹奏楽器の演奏に影響しない
  • ワイヤー矯正と比べて痛みが少ない
  • コンピュータによる歯の動きのシミュレーションが確認できる

当院のインビザライン治療の特徴

上位ランクの症例数「ブルーダイヤモンド・プロバイダー」

インビザライン ブルー・ダイヤモンドプロバイダー

精密審美会では、年間インビザライン症例数751以上の歯科医師に与えられる「インビザライン ブルーダイヤモンド・プロバイダー」に認定されたDr伊藤が、インビザライン症例を監修しております。

また、インビザラインによる治療を行う歯科医師や歯科衛生士全員で日々勉強会等を行い、治療計画や症例を研究して研鑽を積んでいます。

インビザライン ブルー・ダイヤモンドプロバイダー

インビザラインには9つのランクがあり、「ブルーダイヤモンド・プロバイダー」は上位ランクです。

これは全世界で共通の基準で、世界中でも有数の症例を経験した歯科医師である証となります。

光学口腔内3Dスキャナー「iTero」による型取り

光学口腔内3Dスキャナー「iTero」による型取り

インビザラインでの矯正治療に欠かせないのは光学スキャナーによる型取りです。マウスピース矯正を、より快適に、より早く治療を開始できるため、当院では口腔内3Dスキャナー「iTero Element」を導入しています。

iTero Elementにより、矯正治療の開始が従来のシリコーン印象よりも2週間ほど短縮することが可能となりました。

iTero elementの特徴(従来のシリコーン印象材による型取りとの比較)

  • 型取り時の負担が少なく、かかる時間が短い
  • アライナーの完成が早い(約2週間短縮)
  • 口腔内を正確に測れる
  • 口腔内の3Dデジタル画像をすぐに確認できる
  • デジタルデータのため変形劣化がない

インビザライン治療の流れ

STEP1 無料カウンセリング

無料カウンセリング

無料カウンセリングにて歯並びのお悩みやご要望を伺い、口腔内の写真を撮影した上でインビザラインでの治療が可能かどうかの簡易診断を行います。

また、インビザラインでの矯正治療のメリット・デメリットや大まかな治療費のご説明をいたします。

STEP2 精密検査

精密検査

歯周病検査概形印象(型どり)口腔内写真撮影顔写真撮影矯正用レントゲン撮影など、矯正治療を開始できるかどうかの診断や治療計画を立てるために必要な資料採りを行います。

  • 虫歯や歯周病が進んでいる場合、精密検査は後日になる場合があります
  • 虫歯治療・歯周病治療は別途費用負担があります
  • 虫歯や歯周病治療が終了してから矯正の精密検査を行います

STEP3 検査結果・治療方針のご説明、お支払い方法確認

検査結果・治療方針のご説明、お支払い方法確認

検査結果を踏まえて治療方針のご説明をさせていただきます。また、お支払い方法についてもこのタイミングでご確認いただきます。

コンピューター上のシミュレーション(クリンチェック®)を確認し治療方針にご同意いただけましたら、発注を行いアライナー製造が開始されます。

STEP4 アライナーお渡し・治療開始

アライナーお渡し・治療開始

マウスピースは一度にすべてのステージ分完成し、医院に送られてきます。場合によりますが、全マウスピースをお渡しして、患者様に管理していただくこともあります。

ここから患者様主導型の矯正治療のスタートとなります。

STEP5 通院・メンテナンス

通院・メンテナンス

マウスピース1枚につき2週間のペースでマウスピースを交換していきます。また、必要に応じて、アタッチメントの装着・IPR・顎間ゴムの使用します。

ご来院時に虫歯・歯周病のチェックや歯磨きがきちんとできているかなども確認させていただきます。

メリットとデメリット

インビザラインのメリット

  • 3D治療計画により事前に歯の移動過程を確認できる
  • 治療後のイメージを確認できる
  • 5年保障(コンプリヘンシブパッケージの場合)
  • ご自身で矯正装置を取り外せる
  • 矯正装置を取った状態で歯磨きができる(虫歯や歯周病になりにくい)

インビザラインのデメリット

  • 矯正装置を毎日長時間装着しなくてはならない(推奨:20時間/日以上)
  • 装置の装着時間が短いと、計画通りに治療できない
  • 症状によっては治療できないケースがある
  • 装置を装着しての飲食や喫煙は、装置の破損や変色を起こしやすい

インビザラインと他のマウスピース矯正法との違い

  • 3D治療計画ソフトウェアで、完治までの歯の動きを事前に確認できます
  • 治療開始から5年以内であれば、矯正装置(アライナー)の再製作ができます(※)
  • 世界で800万人以上の患者様が治療を受けています(2020年1月現在)
  • 治療実績の増加に伴い、難症例も治療できるようになってきています(不向きな症例もあります)

なお、毎日20~22時間、歯に装着することで歯並びが整っていきますので、患者様ご自身が自己管理していただくことが大切です。

※ 5年保障はコンプリヘンシブパッケージのみとなります。なお、メーカーの規定変更などの理由により予告なく終了する場合もありますのでご了承ください。

20代女性 仕事上ワイヤー装置をつける矯正治療ができない

40代男性 インビザラインで前歯の隙間を閉じる

20代女性 出ている前歯をインビザラインで引っ込める

20代女性 前歯がガタガタ 歯を抜かないインビザライン矯正

30代男性 オープンバイトのインビザライン矯正 治療例

症例をもっと見る

無料相談予約・お問い合わせ

date_range無料相談予約

無料カウンセリングを
ご希望の方はこちら

mail_outlineお問い合わせ

医院へのお問い合わせ・
ご質問はこちら

phone_in_talk医院直通電話

お電話でのご予約も
受付けております

医院移転・名称変更のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

当医院は平成12年4月の開院以来、21年にわたり六本木河野歯科クリニックとして診療を行ってまいりましたが、このたび2021年10月18日(月)より下記住所に移転致しました。

精密審美会はこの医院からスタートし、いまでは6医院にまで増えました。これもひとえに我々が提供する歯科治療を信頼してご通院いただいた患者様のお陰であると実感しております。重ねて感謝申し上げます。

医院の名称も新たに「六本木しらゆり歯科」として再スタートとなります。

今後とも、さらなる診療の向上を目指して研鑽してまいりますので、一層のお引立てを賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

移転先所在地

東京都港区六本木7-18-8 第Ⅲ大栄ビル5F
Google Map

電話番号

変更はございません

六本木しらゆり歯科 サイト

https://roppongi-dental.com/