menu
六本木河野歯科クリニック

Cases治療症例

金属(保険治療)の被せ物・詰め物をやり変えるセラミック治療 治療例(ビフォーアフター)

患者様
40代男性
治療期間
3ヶ月
概算治療費
30万円
担当医
額賀

来院動機

保険を適用して治療された銀歯が気になり来院

治療計画

他院で治療された金属と古くなった材料を除去し、虫歯を徹底的に処置。
欠損した部分を修復するため、オールセラミックの被せ物や詰め物で処置する計画にしました。

治療後について

保険治療の場合、被せ物の下の部分は粗悪なセメントが劣化し、2次的な虫歯が広がっていることが少なくはありません。
目には見えない部分であることや、レントゲンでも分からない部分のため、保険治療に限らず、自費治療でさえもこういった部分に手を抜いた治療が行われてしまう現状があります。
また、歯ぐきの中に埋まっていた親知らずの抜歯に伴い、歯周ポケットがやや深い状態のまま最終的な被せ物を作成することとなったため、今後のメンテナンスを通して経過観察が必要になります。

治療前
金属(保険治療)の被せ物・詰め物をやり変えるセラミック治療 治療例(ビフォーアフター) 治療前金属(保険治療)の被せ物・詰め物をやり変えるセラミック治療 治療例(ビフォーアフター) 治療前金属(保険治療)の被せ物・詰め物をやり変えるセラミック治療 治療例(ビフォーアフター) 治療前金属(保険治療)の被せ物・詰め物をやり変えるセラミック治療 治療例(ビフォーアフター) 治療前
治療後
金属(保険治療)の被せ物・詰め物をやり変えるセラミック治療 治療例(ビフォーアフター) 治療後金属(保険治療)の被せ物・詰め物をやり変えるセラミック治療 治療例(ビフォーアフター) 治療後金属(保険治療)の被せ物・詰め物をやり変えるセラミック治療 治療例(ビフォーアフター) 治療後金属(保険治療)の被せ物・詰め物をやり変えるセラミック治療 治療例(ビフォーアフター) 治療後

セラミック治療とは

セラミック治療(審美歯科)とは、セラミック製の詰め物・被せ物(差し歯)を用いて「歯の色」「歯の形」「歯並び」をより美しく、本来の歯のようにする治療です。保険が適用できる被せ物(差し歯)の場合、金属を含んだ素材、あるいは限られた素材でしか治療することができません。そこで当医院では、自費診療となりますが、セラミックを使用することで、より綺麗に美しく仕上がるように治療しています。

セラミック治療のメリット

セラミック治療は、一時的に歯を白くするホワイトニングとは異なり、着色や変色が非常に少なく、白さを長期間維持することが可能です。

セラミック治療のデメリット

セラミックを被せたり詰めたりする治療となるため、すでに治療された歯でない場合は「歯を削る」必要があります。

無料相談予約・お問い合わせ

date_range無料相談予約

無料カウンセリングを
ご希望の方はこちら

mail_outlineお問い合わせ

医院へのお問い合わせ・
ご質問はこちら

phone_in_talk医院直通電話

お電話でのご予約も
受付けております