様々な歯並びに対応できる東京の六本木河野歯科クリニックの歯列矯正治療

トップ > 精密歯科治療とは > 矯正歯科

矯正歯科治療

様々な歯並びに対応できる精密矯正歯科治療

本木河野歯科クリニックの矯正歯科(歯列矯正)ページにアクセスしていただき、ありがとうございます。
歯の並びには、でこぼこの歯並び、出っ歯、すきっ歯など様々な並びがありますが、ご自身の歯の並びを美しく整える治療が「歯列矯正」です。六本木河野歯科クリニックでは、様々な歯並びに対応した歯列矯正を行っております。

  • ●叢生(八重歯・乱ぐい歯)
  • ●上顎前突(出っ歯)
  • ●下顎前突(受け口)
  • ●開咬(前歯が閉じない)
  • ●顎変形(顔のゆがみ)
  • ●過蓋咬合(深い噛み合わせ)
  • ●正中離開(すきっ歯)
  • ●下顎後退

矯正歯科治療症例

当院の歯列矯正治療の特徴

1)矯正治療費は基本料ではなく「総額」を事前に提示
六本木河野歯科クリニックでは、症状や矯正装置によって治療費を決定していますが、その治療費には「検査」「調整費用」などを含んだ総額費用を事前にお伝えしています。何らかの事由によって治療期間が長くなってしまったとしても、治療費用が増額してしまうことはありません。
2)様々な矯正装置
矯正治療は、歯にブラケットという小さな装置をつけ、それにワイヤーを通して歯を動かしていく治療が一般的です。また矯正装置には、歯の表側に取り付けるタイプ、歯の裏側に取り付けるタイプ(見えない矯正装置)、インビザライン等のご自身で取り外しのできるマウスピースタイプなどがあり、当院では皆様のご要望に合う様々な矯正装置を用意しています。
3)患者様の要望に応える様々な歯列矯正法
歯周病を考慮した歯列矯正「増骨矯正法」、非抜歯・短期間治療を実現する「インプラント矯正」、「デーモンシステム(矯正装置)」、「フルッパシブ矯正」。さらに、結婚式を目指した治療法の「ブライダル矯正」など。患者様の歯の状態やご要望は様々です。それらに応えるために、六本木河野歯科クリニックでは、様々な矯正法を準備しています。
4)抜かない矯正と非抜歯矯正に隠された危険性
六本木河野歯科クリニックでは、「遠心移動」「側方拡大」「ディスキング」などの治療法やマイクロインプラントを使用することで、可能な限り「歯を抜かない矯正」を実現しています。しかしながら、すべての方が非抜歯で矯正治療を行えるわけではありません。「歯周病のリスクが高まる」「審美性が失ってしまう」「噛み合わせに問題がでる」「元に戻ってしまう可能性がある」などの危険性がある場合は、あえて抜歯をおすすめすることがあります。重要なことは、抜歯・非抜歯ということではなく、マイクロスコープや歯科用CTを用いた精密検査をすることです。
5)多数在籍している矯正医
当院には、日本矯正歯科学会認定の矯正医をはじめ、多数の矯正医が在籍しています。このことにより「矯正装置が外れてしまった」「矯正装置がちょっとあたる」などの緊急トラブルに対してもスムースに対応することができます。また、複数の矯正医ですべての患者様の治療検討会を実施していますので、最善の治療法を選択しご提供することにもつながっています。
6)各分野と連携した歯列矯正(総合歯科治療)
六本木河野歯科クリニックは、皆様の歯のお悩みを解消するために矯正治療だけでなく、インプラント治療、セラミック治療、歯周病治療、根管治療なども行う総合歯科治療を実現している歯科医院です。各分野に精通した歯科医師が連携し、全員で患者様の治療にあたることによって患者様の理想や要望をかなえています。
7)歯科用精密機器(歯科用CT、マイクロスコープ)の導入
従来の矯正用検査では「セファログラム」という横顔のレントゲンを使っていましたが、これは二次元の状態しか見ることができませんでした。そこで当院では、三次元で撮影ができる歯科用CT(3Dレントゲン)を導入しています。また、この検査時に「歯の大きさ、骨格、年齢(今後の歯の成長)、歯の状態、欠損歯、虫歯、歯周病、歯槽骨の状態、顎の機能性」なども調べることができますので抜歯・非抜歯かの判断基準にもなります。さらに、直接医師の目で歯の状態を確認するために「マイクロスコープ」を使って診察しています。これにより、肉眼では見ることが難しかった歯と詰め物の隙間なども見逃しません。
8)美しい口元、横顔、笑顔に
矯正治療により鼻から顎にかけての印象を整えることで、患者様本来の美しさを引き出すことができます。横顔の美しさを評価する基準としてEライン(横からみて鼻の先端と顎の先端を結んだ線)があります。このEラインに口元が綺麗にあたるとスッキリとした美しい横顔という印象を与えます。また、笑顔にも自信を持っていただくために、矯正治療では美しいスマイルラインを整えます。ガミースマイル(歯茎が見えていまう笑顔)、出っ歯やすきっ歯などで歯を見せて笑うことにコンプレックスをお持ちの方には、ぜひ矯正治療をしていただくことで、ご自身の本来の笑顔を取り戻してください。
9)お子様の歯列矯正
子供は、歯が生え替わる時に歯並びが悪くなってしまう場合があります。その生え替わりの時に、矯正治療を行うことでより良い歯並びにすることができます。上顎の成長期が7~8歳、下顎が11~13歳となりますので、このくらいの時に治療を始められることをおすすめします。また綺麗な歯並び、噛み合わせは「集中力」「持続性」を高めることにもつながりますので、検査だけでもされることをおすすめします。当院では、歯科用CTやマイクロスコープを駆使しての検査により「歯の大きさ、骨格、今後の歯の成長度合い、虫歯、顎の機能性」などを確認することができます。
10)ご要望に合わせた治療プランのご提案
「早く歯並びを治したい」「歯を抜きたくない」「目立たない矯正をしたい」「部分的に矯正したい」「結婚式までに治したい」などのご要望と、今の歯の状態を踏まえて最適な治療プランをご提示いたします。六本木河野歯科クリニックでは、先述したマイクロスコープやCTを使用して歯の状態を確認する無料のカウンセリングを実施しております。