治療事故ゼロを誇る東京の六本木河野歯科クリニックのインプラント治療

トップ > 精密歯科治療とは > インプラント治療

インプラント治療

治療事故ゼロを誇る「精密インプラント治療」

本木河野歯科クリニックのインプラントページにアクセスしていただき、ありがとうございます。
当院のインプラント治療は、インプラントを生涯機能させ続けるために、独自技術を用いた精密インプラント治療です。平成12年に開院して以来、この精密インプラント治療で治療事故はありません。なぜなら、インプラントありきの治療法を最初から考えないからです。まずは、歯を残すための治療法を第一に考え、症状や患者様のご要望に合わせて最適な治療法をご提案しています。そして一番重要なことは、インプラント治療に決定した場合でも、埋入したインプラントが生涯機能し続けるための最善策を整備しているからです。それが精密インプラント治療です。

インプラント治療症例

精密インプラント治療の特徴

1)治療事故ゼロを支える「マイクロスコープ」を使用した治療
当院ではすべての歯科治療に超精密顕微鏡「マイクロスコープ」を使用しています。この機器を使用することで、肉眼では見ることの難しかった「シュナイダー膜」をも確認することができます。強いていは、インプラント治療の安全性が格段に高まります。
2)傷跡を残さない「マイクロスコープ」を使用した治療
マイクロスコープを使用することで、肉眼では見えないミクロレベルでの治療が可能となり、切開や縫合も傷跡が残らないほどに正確に行えます。
3)治療リスクを回避する「歯科用CT」を使用した事前検査
骨の状態や神経の場所を立体的に確認できる歯科用CT(3Dレントゲン)を事前の検査で使用しますので、治療方法の確立に役立つだけでなく、治療リスクも回避することができます。
4)骨や歯茎が少ない方でもインプラント治療を可能にする「再生治療」
歯周病などが進行していると、インプラントを埋め込むために必要な骨の幅や高さが足りなくなっている場合があります。そのような症状でも、オステオトームテクニック法を駆使することによって、失われた骨を回復させることができようになります。
5)多様な症状に対応できる多彩な対処法
歯の数だけインプラントを埋めるのではなく、数本のインプラントで他の歯も支える「インプラント固定式ブリッジ」、数本のインプラントを埋入して入れ歯を安定させる「インプラントオーバーデンチャー」など、多様な症状に対応できるように多彩な対処法があります。
6)痛みの少ない治療
インプラント治療だけでなく、歯科治療に対して多くの方が不安に思っていることが「治療時の痛み」です。当院では「静脈内鎮静法」を導入していますので、治療時のドリリングや不快感をもたれることなく手術を受けていただけます。多くの方が「気がついたら手術が終わっていた」と感じられています。
7)短期間インプラント治療
従来のインプラント治療では、6ヶ月~12ヶ月程度の期間が必要でした。そこで当院では、その時間的な負担を軽減していただくために、「抜歯即時埋入インプラント」という術式を行っています。抜歯と同時にインプラントを埋入することで治療期間を大幅に短縮することができます。
8)切開しない治療
患者様の骨の状態にもよりますが、一度のインプラント治療で仮歯まで装着してしまう「即時荷重インプラント」という術式があります。手術後からしっかりと噛むことができるようになり、仮歯ではありますが見た目もキレイな歯でお帰りいただけます。
9)感染リスクを抑える「完全個室のオペ室」を装備
インプラント治療の場合、完全個室の手術室でないと感染対策は万全とはいえません。当院では感染対策を施した完全個室のオペ室を用意していますので、安心してインプラント治療を受けていただけます。
10)骨との結合がしやすい「HAコーティングインプラント」を使用
当院では、骨と結合がしやすいHAコーティングインプラントを推奨しています。このHAコーティングインプラントを使用することで、大幅な治療期間の短縮や骨質が不十分な所でも埋入ができるようになります。
11)安全性を高める「複数医師」による治療プランの作成
当院では、より最善な治療計画を策定するため複数のドクターによって立案しています。様々な視点で検討されることによって、より安全で確実性が高く、患者様に合った治療方法を選ぶことができます。
12)インプラントを生涯機能させ続けるアフターケア
インプラントをより長持ちさせるためには定期的なメンテナンスが重要です。当院では「歯周病チェック」「噛み合わせチェック」「歯のクリーニング」などのアフターメンテナンスを定期的に施すことによって生涯機能するインプラントを実現しています。